忍者ブログ
HP 「AzPainter2を使おう」「AzPainter使い倒し」の連動ブログです
[107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

AzPainter2で、水彩ツールで「適当に塗った」ものを、フィルタでアナログの透明水彩風に加工する方法を、色々試しています。
大体のメドはつきました・・・

例えばこんな感じです。(主線はどちらも同じです)

鳥

鳥

サラッと色を塗った、アナログの透明水彩がとても好きなんですが、実際にそのように描くのは(一見簡単そうでも)、相当の経験と技術が必要です。
油彩やアクリルの厚塗りとは違い、失敗しても修正がききませんし。
そこをパソコンでお手軽にやってしまおうという、虫のいい話なんですが。(笑)
具体的な方法は、AzPainter2用のサイトを作ったら公開しますので、もう少しお待ち下さい。

ところで、学校の授業で一般に使われている「水彩絵の具」は、中途半端な不透明水彩の安物?であって、透明水彩でもグワッシュ(本来の不透明水彩)でもありません。
どうしてそういうハンパなものを学ばせるのだろうと思います。

大昔ならともかく、現在だとアナログ画材なら「アクリル」を勉強するのが、絵や工作など創作物一般に広く使えて、大人になってからも役立つと思うのですが。
教えてる学校(普通の学校でですよ)あるのでしょうか?

拍手[2回]

PR
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Twitterやってます
HP の掲示板情報
ブログ内検索
バーコード
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]

© 2008 - 2010 REIKO