忍者ブログ
HP 「AzPainter2を使おう」「AzPainter使い倒し」の連動ブログです
[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっと涼しくなって(というより、急に寒くなって?)、夏の間頓挫していたAzPainter2のサイト作成に、また取りかかっています。
ネットで主流の、いわゆるコミック風カラーイラストをAzPainter2で色々描いてみました。

練習

正方形なのは、Twitterなどのプロフィール・アイコン用のつもり・・・ということです。
髪、肌、服などのパーツ別にレイヤを作って範囲を塗りつぶし、「透明色マスク」を有効にしてから、ブラシや水彩ツールで濃淡を付けていく描き方をしました。
「透明色マスク」を使うと、レイヤ数の節約になります。
AzPainter2は、レイヤが増えすぎると管理が大変になるので、できるだけレイヤを節約する工夫が必要です。

拍手[4回]

PR
前回と同じ手口(笑)で、白バラの写真から青いバラを作ってみました。

青いバラ

現在、バイオテクノロジーを利用して、本来青い色素を持たないバラにその遺伝子を組み込み、「青いバラ」が作り出されています。
ですが実際はまだ「青」というより「青っぽい薄紫」で、この写真のような青さではありません。
「青く染めたバラ」は真っ青ですが、これは「加工」で青くしているだけで、本物の青いバラではありませんし。
青いバラ、今後どうなるかはわかりませんが・・・。

今回は、花部分を囲んで選択範囲を描画する際に、AzPainter2の「スプライン曲線」を使ってみました。
スプライン曲線は、指定した点をすべて通る曲線を描画するものです。

スプライン曲線

ペンタブレットがなくても、マウスやタッチパッドで綺麗な曲線が描けます。
(クリックで点を指定、右クリック・Enter・Escキーで描画、Backspaceキーで1つ前に戻る)
もちろん、「連続直線」ツールで細かく点を指定する方法でもいいでしょう。

★ 必要部分を全て囲んだら中を塗りつぶし、これを「対象レイヤ」として複製した元画像で「対象レイヤの値をコピー」すると、花の部分だけのレイヤができます。
これに色調調整の加工をします。

元画像が白いバラだったので、HSVカラー調整だけだと薄青にしかなりませんでした。
(それも結構きれいでしたが)
そこでRGB調整で、RとGを少し下げ、Bを上げました。
また、少し「はみ出た」部分が気になったので消しゴムで修正。
この種のトリック画像は、仕上げがザツだと興ざめなので、細部まで気を配りましょう♪
★ オマケ・・・↓↓↓

青い日の丸

ビルに映り込んだ日の丸も青くしましたが、これをあえて赤のままにしておくのも、それはそれで面白いと思います。

拍手[2回]

この写真の、おかしい所はどこでしょう???

イタズラ画像










元の写真はこちらです。↓↓↓

元画像

こちらで説明している、瞳部分だけを別レイヤに取り出す方法で、標識だけ取り出したレイヤを作り、標識を1つずつ範囲選択してから、HSVカラー調整のH(色相)をいじって、色を変えました。
標識の形に描画ツールで描く時は、AzPainter2の(アンチエイリアス)ペンと「境界自動判定」ONで塗りつぶしをすると、描いた部分にぼかしをかけなくても、エッジが自然になります。
(もっとも、標識の形が単純なので、どういう方法でもそれなりにキレイにできますが)

この方法で、郵便ポストや看板の色なども変えられますね!
それが何だ?と言われると答えようがありませんが・・・写真のいたずらで人をかつぎたい時にどうぞ♪

拍手[4回]

AzPainterには無い機能で、一定の形でスタンプをポンポン押していくような描画ができるフリーソフトを紹介します。

SmoothDraw、窓の杜紹介ページ
★ 英語ソフトですが、ある程度日本語のお絵描きソフトを使い慣れた人なら、使えると思います。

例えばこんなものが描けます。 ↓↓↓

カスタムシェイプ

上横に並んだツールボタンの「Star」又は「Grass」をクリックすると、この機能が使えます。
星や草以外の型は、左縦ツールウィンドウの白黒シェイプ部分をクリックして、ファイル選択ウィンドウを出し、(SmoothDrawフォルダ内の)CustomShapesフォルダを開くと、そこにたくさん入っています。

シェイプの選択

ツールウィンドウ

これはグレイスケールのPNGファイルなので、自作もOK。
好きな型をAzPainterで作っておけば、いつでも使えるというわけですね。

SmoothDrawは、ペンタブレットに対応したお絵描きソフトなので、このスタンプ機能もペンタブレットを使うと、筆圧に応じてスタンプの大きさに変化が付きます。
また、「Dab」と描かれた部分をクリックすると、描画の詳細設定ができ、例えばスタンプの向きや色・大きさなどを、どの程度ランダムに変化させるか(「ジッター」と言います)を好みで決められます。
最初にあげた画像は、かなりジッター量を大きくしたものです。

この他に、任意に切り抜いたカラー画像をスタンプ描画できる、「Image Hose」という機能も付いています。
こちらも、デフォルトでたくさんの切り抜き画像が「DabImages」フォルダ内に用意されていますが、自分で作ることも出来ます。
形式はアルファ付きPNGなので、これもAzPainterでできますね。

拍手[4回]

スポンサードリンク
スポンサードリンク
Twitterやってます
HP の掲示板情報
ブログ内検索
バーコード
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]

© 2008 - 2010 REIKO