忍者ブログ
HP 「AzPainter2を使おう」「AzPainter使い倒し」の連動ブログです
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回のアップからだいぶ経ってしまいましたが、AzPainter用のテクスチャ・ファイルの第三弾を公開しました。
このようなテクスチャ、30種類のセットです。↓↓↓



ダウンロードはこちらのページ(R工房内)からどうぞ

AzPainterの旧版、AzPainter2の、どちらでも使えます。
楽しい作品を作ってください♪

拍手[3回]

PR
AzPainter2で作った、画像に虹をかける加工です。
元画像とはレイヤの不透明度52%、「ソフトライト」で合成しています。



虹を出現させる加工は、旧AzPaintermp「AzPainter使い倒し」でも二通り説明していました。
これはソフトのバージョンアップによって、加工方法が変わったからです。

旧版:虹を出現させてみる(AzPainter1.30での方法)
新板:虹を出現させてみる(AzPainter1.31での方法)

1.30ではSHIFT、CTRL、ALTの3つのキー同時押し!で描いた七色のまっすぐな帯を、極座標で輪にする…という、豪快な方法でした。
それが1.31では、カスタムグラデーションですぐに虹の輪が描けるので、後は下半分を消すだけ…と、一気に簡単になっています。

AzPainter2ではどうかというと、カスタムグラデーションが無いので、1.30と同様に極座標で輪にしなければなりません。
ですが「虹色」はグラデーションの色選択の中にあるので、ALTキーは関係なく、SHIFTとCTRLの2キー同時押しで済みますね。
まあ1.30と1.31の中間のような作り方です。(笑)

以前、イラストでこの虹かけを試みたことがありましたが、普通に「描く」のは難しく、やはりこのような「加工」で作る方法を知っていると便利、と思いました。
AzPainter2では「定規機能」で描くこともできそうですが、どうでしょうかね…。

拍手[1回]

AzPainter2で作った「岩肌」テクスチャです。↓↓↓



旧AzPainterによるこちらの作り方では上手くいきません。
「雲模様」の仕様が異なるからです。

そこでAzPainter2では、雲模様の「詳細」を使い、「鮮明さ」をデフォルトの60から80にすると、上手くいく事がわかりました。
その後は同じように進めて、「エンボス」では「カラー」にチェックを入れればOKです。
(強さは1でいいでしょう)

なお旧AzPainterでは雲模様が256×256で繰り返すので、シームレス画像(Webサイトの背景などで並べて表示させてもつなぎ目が分からない)を作るのに便利です。
しかし一方で、大きな画像で雲模様を使うと、パターンの繰り返しが見え見え?でちょっとカッコ悪いこともあります。
AzPainter2の雲模様は、シームレスには向きませんが、大きな画像でも繰り返しが出ません。
(どんなに大きい画像でも繰り返さないのかどうかは、確かめてないので分かりませんが)

用途に応じて使い分けるのが賢いですね。

拍手[2回]

しばらく中断していた「AzPainter2を使おう」サイトの製作を、また始めました。
サイトの構成やHTMLやスタイルシートの書き方も、頭の中から半分以上消えていて最初は戸惑いましたが、少しいじっていたら段々思い出して…(笑)
何とか来年春くらいまでには全面公開したいですね。

あれこれAzPainter2をいじっていたら、以前から何度やっても上手くできなかったニット(というか毛糸の編み目?)みたいな画像がキレイにできました。↓↓↓



「RGBずらし」を裏技的に使うので、旧バージョンのAzPainterではできなかったわけです…
また「エンボス」も使いますが、旧バージョンと2では仕様が違います。
2で「カラー」にチェックしても、エンボスのかかり具合(強さ)がかなり違うんですよね。
★これについて以前記事に書いています
テクスチャが「それっぽく」見えるかどうかは、結構微妙な点があるので、フィルタの仕様がちょっと違うだけで、上手くできたりできなかったり…ということがあるのです。

拍手[3回]

スポンサードリンク
スポンサードリンク
Twitterやってます
HP の掲示板情報
ブログ内検索
バーコード
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]

© 2008 - 2010 REIKO