忍者ブログ
HP 「AzPainter2を使おう」「AzPainter使い倒し」の連動ブログです
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

漢字かな混じりの、いわゆる「和文」フォントなのに、英数のみのフォントと同じ「半角」の幅で表示できるフリーフォントがあります。

TTEdit半角ゴシックとTTEdit半角明朝

要するに、横方向だけをギュッと圧縮したフォルムなんです。
例えばこのように、狭いスペースに説明文を入れる時・・・

半角和文フォント使用例

普通はこういう場合、小さな文字にするか字間を詰める(AzPainterでは字間調節できますが、ダメなソフトもあります)わけですが、「TTEdit半角~」では縦方向が長いので、文字の見た目は大きいままで横方向のスペースが節約できます。

ゴシックと比べて明朝は、やや小さなサイズに弱いようですが・・・

半角和文フォント使用例

(「サイズ」はAzPainter2のもので、アンチエイリアスはON)

この種のフォント、今まで「ありそうでなかった」のでは?
しかもフリーとは有難いです。
単なるスペース節約以外に、ロゴにも使えるかもしれません。

拍手[4回]

PR
今年の夏は本当に暑くて、パソコンで文字入力くらいならまだしも、画像だの音楽だの・・・までヤル気が出ず、更新が遠のいてしまいました。
そもそもエアコンなしのノートパソコンなので、暑いと自分よりもパソコンの方が危ないんです。(笑)

関東では昨日・今日と暑さ一段落でしたが、西日本では猛暑が続いているようで、もう8月も下旬なのに、信じられませんね・・・(^ ^;)
ということで、暑さで氷が燃える画像を作ってみました。

燃える氷

AzPainter1.36を使った氷文字燃える文字1の合わせ技で、元の文字画像はこちらです。

氷の元画像

氷文字レイヤの上に燃える文字を作り、加算(スクリーンでもOK)で合成、燃える文字の下の方をアルファ操作やブラシ消しゴムで消しています。
実際にはありえな~~い!、CGならではの画像ですね。

拍手[7回]

先日、イラスト交流サイトpixivが大幅リニューアルされて、マイページの背景色や画像を自由に指定できるようになりました。
ツイッターを見ていると、この機能はとても好評のようで、さっそく背景をカスタマイズした人も多いようです。
イラストを描く人達なら、こういう機能にすぐ反応するのも当然かもしれませんね。

初期設定のまま(白?)にしておくより、何か色味のある背景にした方が、各メニューが見やすいようです。
私はとりあえず、こんな風に↓↓↓してみました。

pixivマイページ

こちらの背景画像↓↓↓を、タイル状に並べたものです。

背景元ファイル

この自作テクスチャは、こちらのページ(R工房内)からダウンロードできます

AzPainterのテクスチャ機能を使って、タイル状に並べる画像を作る場合は、新規作成時の画像の大きさに注意しましょう。
テクスチャの繰り返し周期と、画像の大きさが「合って」いないと、並べた時につなぎ目がわかってしまいます。
AzPainterに最初から付属しているテクスチャは、一部を除き縦横とも32の倍数で画像を作ればOKです。
(32×32、64×64ピクセルなど)

R工房で配布しているテクスチャは、パターンにより繰り返しの周期がマチマチです。
周期を調べるには、ダウンロード&解凍したフォルダ内の、テクスチャファイルの大きさを見てみます。
18×18だったら、縦横とも18の倍数で画像を作れば、綺麗に並びます。
20×24なら、横幅が20の倍数、縦が24の倍数で新規作成しましょう。

なお大理石模様など、「雲模様」を使うテクスチャ&パターン作成は、(AzPainter2ではなく)AzPainter1.XXでないとシームレスにできません。
(着色に雲模様を使う場合も同様)
「AzPainter使い倒し」の画像作成コーナーには、マイページ背景のヒントになるような記事がたくさんありますので、どうぞ御利用下さい。

拍手[1回]

「効果」の「グロー」と少し似ていますが、元画像の明るい部分をフワッとソフトにして、色白美人に加工する方法を紹介します。
(もちろん女性以外にも使えますけど)

<方法1>
元画像を複製して、アルファ操作の「暗い色ほど透明に」→「ガウスぼかし」(適量)→「スクリーン」で合成(必要なら不透明度調整)
(左側が元画像です)↓↓↓

色白加工

この方法は、こちらの「明るい部分だけをボカす」の応用です。

<方法2>
元画像を複製して、「2値化」(しきい値を調整して、肌など明るくしたい部分が白く残るようにする)→「ガウスぼかし」(適量)→「スクリーン」で合成(必要なら不透明度を調整)
(左側が元画像です)↓↓↓

色白加工2

女性の写真でやってみたのがこちらです。↓↓↓

色白加工~写真

なかなか良い雰囲気♪
「肌が綺麗に見える⇒美人に見える」ってことなんですよね♪
男性でも草食系(笑)なら、こういう加工で好感度がアップする人もいるかも?

拍手[6回]

スポンサードリンク
スポンサードリンク
Twitterやってます
HP の掲示板情報
ブログ内検索
バーコード
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]

© 2008 - 2010 REIKO